前へ
次へ

賃貸している不動産の設備を勝手に修理した時

毎日使う住宅設備として、トイレやお風呂、キッチンなどの水回りがあるでしょう。
水回りは排水管などが詰まるトラブルが起きやすく、悪化した状態を放置すると大変なことになります。
不動産を賃貸しているときに水回り関係のトラブルが起きたらまずは家主に連絡しなければいけません。
家主が近所に住んでいればすぐに駆け付けてくれて修理の手配などをしてくれますが、家主が近くにいなかったり深夜だったりすると修理に時間がかかる可能性があります。
もし不動産を賃貸利用しているときに設備が故障してそれを勝手に修理したらどうなるかです。
契約書によって異なるかもしれませんが、通常は借主負担になる可能性があるので注意が必要です。
ですからすぐに対応してもらえないときは修理まで我慢しなければいけません。
一方故障したまま放置し続けたらどうなるかですが、放置することで物件に傷みが生じたならやはり借主負担での修理が必要になるときがあります。
どちらにしてもまず家主にすぐに連絡するようにしましょう。

Page Top